rectangle山形県の賃貸

「さみだれを集めて早し最上川」―と芭蕉も詠んだ最上川は、信州の富士川、熊本の球磨川と並ぶ、「日本三大急流」のひとつです。

福島県境近くの吾妻山の源流から、標高差2000m以上の流れが日本海に注ぎ、その間ダムが5つ、滝は230か所もあります。

源流から河口まで229km、全流域が山形県内にあり、一つの都道府県を流れる川としては、国内最長です。

流域面積は7040㎢、これは山形県全土の75%を占めます。

流域人口は県民の8割を占め、まさに山形県の「母なる川」といえます。

米沢盆地→山形盆地→新庄盆地→庄内平野とめぐる流域は、豊かな水量と寒暖の差によって、古くは奈良時代から稲作地として知られています。

灌漑整備の努力も古くから続けられ、室町時代の出羽氏から、上杉氏、伊達氏、江戸時代、明治時代、と各時代の、様々な堤の遺跡が残っています。

今日では国や県をはじめ、県民、NPO、事業者、大学などの教育機関、行政機関が一体となって、最上川の治水や産業だけでなく、桜堤、鳥獣保護、景観保護など様々なプロジェクトを立ち上げています。